フリーターの就職活動 面接

フリーターの就活の面接時志望動機

フリーターからの就活で面接試験までこぎつけた時、なぜフリーターを続けていたのか。
また、その会社への志望動機などを聞かれることでしょう。


こういった内容は、どんな会社の面接でも高い確率で存在するものです。


一字一句間違えずに考えているセリフを述べるのも、
その場で思ったことを口にするのも、どちらも好ましくありません。

きちんと、その会社のどの部分が自分にとって魅力的で、
自分のどんな部分に適していると思ったのか、
また入社してからはその会社のどういった仕事をしてみたいのか。


会社と仕事と自分を照らし合わせた客観的かつ、
どんな働きしてをその会社に貢献できるのかという点を、上手にまとめておきたいものですね。


その際にフリーターでの経験を組み合わせて志望動機とすることで、
フリーターは無駄な時間ではなく、有効的な時間を過ごしてきたという自分の強みとなってくれるわけです。


どんな理由でフリーターをやっていても、面接の受け答え次第では、
無駄な時間と捉えられてしまう可能性があります。


今までの自分を否定するようなことをせず、
前向きな理由だと説明できる内容を考えておきたいところですね。



 

サイトマップ