フリーターと正社員、就職活動について

転職出来ない人

転職出来ない人というのは、どう言う人を指すのでしょう。


具体的に言うと、最も顕著なのが、
転職しづらい明確な分岐点となる、年齢が高い人です。


採用意欲の旺盛な企業の多くは、平均年齢が若いので、
年齢の高い世代は受け入れにくい状況にあります。


転職出来ない人というのは、高年齢世代を示しています。


また、応募者に十分なスキルや実務能力があっても、
元気がなくてスピード感がない人は、転職出来ない人になります。


企業はそうした人材を採用しません。


伸びている会社で、社員の平均年齢が若いところは、
社員に活気があり、スピード感があるものです。


競争力のない社員は淘汰されるのです。


いくら実無能力があっても、元気がなくてスピード感がない人は、
成長企業のカルチャーに合わないので、
面接では不利になり、転職出来ない人になってしまうのです。


転職出来ない人で典型的なのは、
これまでやってきた仕事にこだわっていることです。


新しいフレッシュな人材として評価されるには、
そうした思いをふっ切らなければなりません。


今までの経験を生かして、
これからどんなことができるのかが期待される能力こそ、企業は欲しているのです。


 

サイトマップ